検索
  • Social Impact Act

中国・香港の課題に挑戦する社会的投資プレイヤー

最終更新: 2019年5月28日


目次

社会的投資の主要プレイヤー~アジア編~

【第1話】世界の主要な社会的インパクト投資機関の一覧

・INPACT INVESTMENT EXCHANGE ASIA:シンガポール

【第2話】アジアを代表するソーシャルインパクト投資機関

・TECHNOSERVE:インド

【第3話】アジアや発展途上国で活躍する社会的投資機関

・intellecap:インド

・cKinetics:インド

【第4話】オーストラリアの社会的投資機関(SEFA)とは

・Social Enterprise Finance Australia (SEFA):オーストラリア

【第5話】中国・香港の課題に挑戦する社会的投資プレイヤー 【本記事】

・Social Investors Club:香港

Social Investors Club:香港

今回は、香港の社会的投資機関のSocial Investors Clubを紹介します。

Social Investors Clubは、2015年に社会的インパクトを意図する起業家やビジネスを支援するために、香港で設立されました。

投資先企業の抜粋は下記となります。

重点的な投資領域として掲げているのは貧困、雇用問題、環境、教育、高齢化、健康などですが、公表されている投資先としても、いわゆるフェアトレード関係の会社から、ハード、教育の会社まで、幅広く投資を行っています。

Fair Taste:Fair Taste社は香港を拠点にした、香港・中国では初のフェアトレードブランド会社

Maker Bay:Maker Bay社は、ロボット会社から、環境NGOやテック好きの個人までをカバーした、社会的課題の解決に向けた、プロダクト作成のためのマーケットプレースを運営

laviolet:laviolet社は、演劇や音楽、リーダッシップ教育など、伝統的な知識だけではなく、感覚的な部分の教育に力を入れた教育サービスを提供 ※下記laviolet社の動画となります。


香港を拠点として活動していますが、中国のボリュームゾーンはとても大きく、今後の発展が期待されています。

今回は、香港の社会的投資会社のSocial Investors Clubと、その投資先企業を紹介しました。引き続き世界の社会的インパクトに関連した活動を行う企業とその取組を紹介していきます。

#ソーシャルインパクト投資 #香港 #中国 #ソーシャルファイナンス

メルマガ登録はこちら