検索
  • Social Impact Act

ガーナの土地所有の問題に挑戦する社会的企業

最終更新: 2019年7月3日


MEDEEMの事例:ガーナ

発展途上国の低所得者層の多くは、正式な土地所有権を保持していないと言われていいます。またそのことが、隣人とのトラブルや紛争の原因になることもあります。

ガーナについても、低所得層の大部分は、自国に対して自信の土地に正式に請求することはありません。

その理由には、多様な文化や伝統などもありますが、 正式に土地を登録するための既存の政府プログラムには費用と時間がかかりすぎることも原因となっています。

ParcelCert™ソリューション

Medeemは、政府の標準的な土地調査を含む、土地に関するクライアントの権利や主張を文書化を一連してカバーするParcelCert™というソリューションを提供しています。

ParcelCert™はモバイルアプリケーションで、GPS等を利用することで、地図管理等を効率化し、コストを最小限に抑えるように設計されています。

Medeemは、社会的インパクト投資機関から投資を受けており、今後、数年で、ガーナで10万人以上にParcelCert™製品が広がると予測しています。

また、土地所有権が明確化されることにより、社会保障サービスの受容や、その土地をローンの担保として使用することを可能になることを目論んでいます。

今回は、ガーナの社会的企業のMedeemを紹介しました。興味をもたれた方は、Medeemのホームページを覗いてみてはいかがでしょうか?

引き続き世界の社会的インパクトに関連した活動を行う企業とその取組を紹介していきます。

参考URL

・「Medeem」http://medeem.com/


〜関連書籍〜


BoPビジネス3.0――持続的成長のエコシステムをつくる

#社会的企業 #ガーナ #ソーシャルインパクト #開発経済 #ビジネス #BOPビジネス #ソーシャルファイナンス

メルマガ登録はこちら