検索
  • Social Impact Act

発展途上国(ケニア)の小規模農家向けのローンサービス


JUHUDI KILIMO

ケニアの農業というと、大規模な土地を利用した、大規模農業を想像する人が多いかもしれません。

実際は、都市化等の影響もあり、ケニア農民による土地保有は縮小し続けており、平均農場面積は2.5ヘクタール未満となっていると言われています。

小規模農家が豊かになる方法としては、機械化・最新種子・灌漑用具の利用等、生産的な農業資産へのアクセスが重要となります。

しかし、ケニアの農村部の36%は「正式」な金融サービスにアクセスできず、これらの資産の取得が非常に限定されています。

JUHUDI KILIMOは、ケニアの小規模農家が生産性を高めるために農業資産に特化したマイクロファイナンスローン商品を提供しています。


ケニアの小規模農家ではJUHUDI KILIMOの融資を利用して、灌漑用具や、乳牛の改良品種などを購入しています。

例えば、乳牛の改良品種に伴う、乳製品の生産性の向上(平均的な牛に比べ4倍の牛乳を生産可能)では、家計の生産性を年間約600ドル上げる可能性を秘めているとJUHUDI KILIMOは予測しています。

JUHUDI KILIMOは、世界の社会的インパクト投資機関から投資を受けており、今後10万人以上に顧客基盤を拡大し、約50万人の農村地域のケニア人の生活向上を目指しており、今後の活動が注目されています。

今回は、農家の所得向上のためにマイクロローンを提供する、ケニアの社会的企業のJUHUDI KILIMOを紹介しました。

興味をもたれた方は、JUHUDI KILIMOのホームページを覗いてみてはいかがでしょうか?

引き続き世界の社会的インパクトに関連した活動を行う企業とその取組を紹介していきます。

参考URL

・「JUHUDI KILIMOhttp://juhudikilimo.com/

#社会的企業 #アフリカ #ソーシャルインパクト #ケニア #ビジネス #BOPビジネス #ソーシャルファイナンス

メルマガ登録はこちら