検索
  • Social Impact Act

アフリカビジネスハッカソン〜タンザニアのBOP層向け〜開催〜冷蔵庫編〜


SeeD x Digital Grid(ハッカソン編)

3月18日(土)~3月19日(日)にて東京工業大学にて、SeeD x Digital Grid共催BOPハッカソンが開催されました。

テーマは「タンザニアの800ヵ所の電気量り売りキオスクで展開できるモノ・サービス」

アイディアソンの模様はこちら

アイディアは大きく、以下の三つです。

【ソフト系】

・雇用に関するサービス(仕事マッチング)

【ハード系】

・教育系の筐体型ゲーム

・冷蔵庫系(移動式、飲料物冷却、バイク等設置型)

最優秀賞は、「雇用に関するサービス(仕事マッチング)」、優秀賞は「冷蔵庫(移動式)」となりました。

途上国向け冷蔵庫(移動式)

編集長の所属は、「冷蔵庫(移動式)」のアイディアでした。

プロトタイプは紆余曲折を経て下記となりました。

(デザインはチームのデザイナーの方が作成してくれたものです)

【主な特徴】

持ち運び可能、転がすことで自家発電可能、冷蔵保存可能 



途上国に必要な冷凍ソリューションとは

プロトタイプは、二日間のハッカソンの中で、纏まったものですが、途上国に必要な冷蔵サービスについては、いろいろな観点で議論することができました。

Social Impact Actでも、途上国の課題と、解決策の整理を行っています。

途上国の課題の中に、「食料ロス」や「ものの保存」というものがあります。その解決策も、「乾燥」や、「密閉」「冷凍」など様々なソリューションが考えられます。

(海外の事例では蒸発冷却を用いている例が多いようです)

冷凍サービスと一口に言っても、電力を使うものや、無電化でも利用できるもの、据え置き型や、持ち運び型や、導入する場所等々、様々な観点があります。

【テクノロジー例】

アイスバッテリー

プレートを複数枚使用することで、最長190時間の一定温度・湿度保持が可能です。扉の開閉、荷物の出し入れの影響もほとんど受けず、温度・湿度を一定に保ちます。

高機能保冷剤(アイスバッテリー)を冷蔵庫で10~12時間冷却し、運搬する商品と一緒に専用ボックスに入れるだけで、-25°C~+25°Cの一定温度搬送が可能です。プレートは繰り返し使えるため大幅なコスト削減につながります。

大量のCO2を排出する冷蔵車両やドライアイスを使わずに温度の異なる商品を普通車で運搬できるため、約20%〜25%~25のCO2排出量を削減でき、地球環境を守ることができます。

http://www.icebattery.jp/jp/advantages.html より引用

・蒸発冷却(Evaptainersなど)


途上国(BOPビジネス)の留意点

テクノロジーとは別に、BOPビジネスで感じる難しさについてです。

・冷蔵庫が普及していない人の人数や、そこでの食物ロスや金銭的ロスを推計することはできても、冷却の価値にどれ位のコストを支払う人がどれ位いるかという、「実際のマーケットの推計の難しさ」

・また、BOP層の顧客に到達するコストと困難さの評価の難しさ。「ラストマイルへの到達コスト」

など

例えば、途上国向けの冷蔵庫としては、ハーバードビジネスレビューなどにも取り上げられた、「チョットクール」の事例がもっとも有名かと思います。

ただ、チョットクールの場合も、当初は注目されたものの、所有者は貧しい世帯などのイメージが定着し、今では、パーティー用途など、保有がステータスとなるプロダクトに方向転換するなど、安くすればいいというものでもありせん。

途上国では、コカコーラさん等が、コーラを販売することを前提に、冷蔵庫の提供などを実施しています。

途上国において、冷蔵庫やサービスを提供する際、いかに他のステークホルダーを巻き込み、ビジネスとして成立させるかという観点で、コカコーラさんは良いケーススタディーになるのではないかと思います。

途上国の課題やその解決方法(テクノロジー)については引き続き紹介していきます。


#BOPビジネス #NGO #ESG #NPO #SDGs #アフリカ #ソーシャルインパクト #ミッシングミドル #海外進出 #発展途上国 #社会的企業 #開発経済 #タンザニア

メルマガ登録はこちら