検索
  • Social Impact Act

AI活用により途上国医療にイノベーションの創発を目指すmiup


miupとは

miupは、テクノロジーを活用し、バングラデシュなど途上国への医療サービスの拡充を目指す東大発スタートアップです。

miupは、JICAの途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査にも、コニカミノルタと共同で採択されています。

ダッカ近郊において、モバイル医療機器等とICT を活用した遠隔診断に、機械学習技術・AIを組 み合わせ、貧困層でも利用可能な安価な健診 サービスを展開することで、非感染性疾患による 死亡率の減少を目指す

バイタルデータにより競争力確保

バングラデシュだけでなく、途上国の多くの国で医師の数が不足しており、アフリカなどでは、呪術師的な役割が定着している地域もあります。

また、同じ国であっても、都市部と農村部では、医療環境や、ニーズも異なるということが発生します。

miupは「十分な量を持ち」、「正確に採取・ラベルされ」、「フォローアップが可能な」データを、関連データを関連データと共に、大量に入手していくことで、医療サービスをより正確に、安価に提供できると考えています。

最近では、Beyond Next Venturesを引受先とした第三者割当増資により約1億円を調達したことを明らかにしています。

こうした日本の起業家が、途上国の医療サービスを革新をもたらすことが期待されます。

ご関心をお持ちの方は、是非、HPなど覗いてみてはいかがでしょうか?


#バングラディシュ #医療 #医療ヘルスケア #途上国ビジネス

メルマガ登録はこちら