検索
  • Social Impact Act

社会貢献×ビットコイン&ブロックチェーンの可能性

最終更新: 2019年7月3日


『ビットコインとブロックチェーン 〜暗号通貨を支える技術〜』

今回は、『ビットコインとブロックチェーン 〜暗号通貨を支える技術〜』という書籍を紹介します。

この書籍は、ビットコインとブロックチェーンの基礎から技術的側面についても紹介されています。

ソーシャルインパクトや社会的インパクト投資に、ビットコインは関係あるのか?と思われる方もいるかもしれません。

実際に海外では、慈善募金や海外送金、ソーシャルビジネスの取り組みにも、ビットコインやブロックチェーンのテクノロジーを用いた数多くの取り組みが出てきています。

それは、ビットコインが他の貨幣通過に比べ、送金コストが安いこと。また政府の中央銀行のような中央集権型の信用担保の仕組みではないため、比較的に政府の信用力が低い途上国の方がより、親和性が高いとも考えられます。

ソーシャルインパクト領域に関わる方も、実際に手に取ってみてはいかがでしょうか?


ビットコインとは?

ビットコインとは、デジタルマネーのエコシステムの基礎となるコンセプトと技術の集合体のことです。

ビットコインという名前の通貨によって、ビットコインネットワーク参加者間での、価値の保存と移転が行われます。

従来の通貨で行うことができるほぼ全てのこと、売買や送金、融資等を行うことが可能です。

コインは送信者から受信者へある一定量の額面を移動させるという取引(トランザクション)の中に記録されるものです。

ビットコインユーザーはこの取引(トランザクション)を証明する鍵を所有し、その取引(トランザクション)に記録された額面を使用したり、送金することができます。

この鍵は、多くの場合、コンピュータ上の電子財布(ウォレット)に保持されます。

もう一つの特徴は、日銀のような「中央」サーバーや管理者が存在しないということです。(PtPシステム)途上国のように国そのものが信用できない場合は、代替手段としてビットコインが注目されます。

ビットコインは「マイニング」と呼ばれるプロセスにより新たに生み出されます。これは、ビットコインの取引の過程で行われる、数学的な問題の解を見つけだす競争で、誰でも参加できます。

ビットコインは、2008年に”Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System”というサトシ・ナカモト名義の論文もととなっています。


ビットコインとブロックチェーンは慈善募金などに、ビットコインを用いる取り組みや、本Webでも紹介した、ガーナの土地所有の問題に挑戦する社会的企業のMedeemなどもブロックチェーンのテクノロジーを活用しています。

ガーナの土地所有の問題に挑戦する社会的企業

社会的インパクトやソーシャルインパクトを意図した活動を見ていくとき、これらのテクノロジーの理解は前提となってくるかもしれません。

今回は、『ビットコインとブロックチェーン 〜暗号通貨を支える技術〜』という書籍を紹介しました。

引き続き、社会的インパクトを意図した企業や、その取り組みについて紹介していきます。

#BOPビジネス #アフリカ #ソーシャルインパクト #ビジネス #発展途上国 #社会的企業 #開発経済

メルマガ登録はこちら