検索
  • Social Impact Act

不平等・公正とは?SDGs目標10と16

今回のテーマは不平等公正です。 こちらSDGs目標の10番や16番にもなっている概念の一つです。 不平等と公正を考える上で、是非参照してもらいたい書籍は下記となります。 「不平等を考える ──政治理論入門 (ちくま新書)」(齋藤純一) 「不平等の再検討――潜在能力と自由 (岩波現代文庫)」(アマルティア・セン) アマルティア・センさんはノーベル賞を受賞しており、貧困のテーマでも度々登場する方ですね。 まず、齋藤純一は書籍の中で、不平等とは?という問いを設定しています。 その中で、導入として代表的な論点というよりは、書籍の設定として下記を記述しています ・「平等」は「同じである」ことを意味しない ⇒性別、能力、才能など違いがあることは当然 ・そして「違い」が、社会の制度や慣行のもとで、有利・不利の違いへと変換されることがある ⇒これも直ちに不当ということではない、能力などにより結果が変わること自体を許容する考えは、一般にも許容されることも多い ・しかし、それらの社会の制度や慣行のもとで「値しない不利」(ふさわしくない、もしくは不当である)不利がもたらせることがある ⇒例えば、本来才能豊かであるにも関わらず、生まれが原因で、機会を限定されてしまっているなど ⇒こうした状況を不平等として設定しています。 不平等の定義は多様ですが、論点整理として参考になるのではないでしょうか? 平等を上記のように認識した際に、不当な状況は避けるべきでしょうが、では平等とは、何の平等か?という問いがあるかと思います。 そうした問いに対して参考になるのが、アマルティア・センの「不平等の再検討」となります。 論点を箇条書きにしますと ・なんの平等か? ⇒結果の平等か、機会の平等か、潜在能力、権利、自由の平等?色々な平等がある ⇒平等を語る際に、なんの平等かは、重要な問いとなる また書籍の中で、「反平等主義者とされる人達も、自らが重要と考える変数に関しては平等主義とも言える」とうい趣旨の記述があり、これは納得する部分が多いように感じます ⇒例えば、自由を重んじるリバタリアン的な考え方も、一般的に反平等主義的なニュアンスで語られることもあるが、自由の機会という意味では平等主義と言える意味もあるのです 平等や公正を考える際に、社会の制度や慣行のもとで、「値しない(不当な)不利」とは何か?また、なんの平等を重視し議論しているのか?を考えてみることは重要なのかもしれませんね。


最新記事

すべて表示

企業理念やビジョンをいかに従業員や企業に浸透させるべきか?

SIAの今井です。 運営会社のKI Strategyでは、戦略だけでなく、経営理念やビジョン、コンセプトの策定のご支援をすることが多々あります。 そうした中で、単に策定するだけでなく、それをいかに企業や従業員に浸透させるべきか? というお題を頂く機会が増えてきました。 これは、新しく企業理念やビジョンを作る場合だけでなく、既にある企業・経営理念をいかに従業員に伝えていくべきかというものも含ま

メルマガ登録はこちら

送信ありがとうございました