検索
  • Social Impact Act

『クリエイティブ・イノベーションの道具箱』(雷鳥社)が発売開始

SIAの今井です。 ソーシャルインパクトアクトでは、サステナビリティーやSDGs、ESGなどを主題に様々なトピックを扱ってきました。 そうしたソーシャルインパクトを生み出すような、社会課題のビジネスによる解決のキーワードとなるのが、”クリエイティビティー”と”イノベーション”だと考えています。 ことさら、社会課題の解決という文脈だけではありませんが、【クリエィティブ×イノベーション】の文脈に合わせて、ビジネス、アート、芸術、食、プロダクト、サービス、デザイン、思想、ワークショップなどなど・・・多様なジャンルの事例を埋め込んでいます。 ページは200p~で、全ページフルカラー。



関心をお持ちの方は、是非、手に取ってみて頂ければ幸いです! 『クリエイティブ・イノベーションの道具箱』(雷鳥社) https://amzn.to/2Rktrhc また、クリエイティブ・イノベーションについて、10/2(金)21時~Schooさんで講座を受け持ちます。関心をお持ちの方は、日程が近くなりましたら、是非チェックしてみてくださいね。

https://schoo.jp/class/7348?admin=9mjuICu4ZQKmMXx%2BbJolBQ%3D%3D

普段、セミナーや動画などなどは基本お断りすることも多いのですが、本を紹介したいと思っておりますので、様々な媒体でのコラボなどお気軽にお声がけください! ひょっこり登場させていただきます。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

ESG格付けやランキングを投資家が気にしているかについて

クライアントの中に、数多あるESG格付けやランキングなどを投資家が気にしているのか?という質問を受けることがあります。 まず、ESG投資などに積極的な機関投資家は事業会社の方とのコミュニケーションを基本断りませんし、質問すれば回答をしっかりもらえます。

メルマガ登録はこちら