検索
  • Social Impact Act

デザインファームとの連携による提供価値の模索

最終更新: 2月16日

SIAの今井です。 別途、経営しているKI Strategyにおいて、最近、デザインファームとの連携を強めています。 もともと、経営戦略やそれを策定するための、コンセプトやリサーチなどが多い訳ですが、戦略に紐づく⇒事業開発⇒そのプロダクトやサービスと裾野が広がっていっています。 そうした際、LD labはデザインファームではないので、プロトタイピングやvalueアップにおいて、デザインファームの方とコラボレーションするのは、とても相性がいいと感じています。 プロトタイプなど、目に見える形にすることで、議論が進んだり、深まることはよくあることです。 実際、ジョンマエダさんの「Design in Tech Report 」は毎年発表されていますが、その中でも、コンサルティングファームがデザインファームを買収したり、連携を強めていることが紹介されています。

特に、伝統工芸やサステナブルデザインなどの具体例もそうですが、社会課題×デザインの相性もよく、様々な領域で連携できればと考えています。 LDLABでも、いくつかの企業や個人とは既に連携していますが、さらに力を入れていこうと考えています。 研究やデザインファームを展開されている企業や団体で、コンサルファームとの連携をご希望される方は、お気軽にお問合せもらえれば幸いです。プロボノなども歓迎です。面白いプロジェクトを協創していければ!

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

メルマガ登録はこちら