検索
  • Social Impact Act

「人間中心主義」VS「地球中心主義」は対立構造にあるのか?

最終更新: 6日前

事業創造において、どこに重心やスタート地点に置くべきか? という議論は様々な文脈で展開されてきました。 コンサルティングファームによってもその方法論は多様です。 例えば、テクノロジーに強い会社であれば、テクノロジー起点(テクノロジー中心主義)で、ビジネスの創発を試みます。 最近では、鳴りを潜めてきた感はありますが、マーケット起点で起草することもあります。 そして、一昔前から、「人間中心主義」と呼ばれる手法も台頭してきました。 デザイン思考やアート思考などもその部類に入ると言えるでしょう。 また昨今では、SDGsやESG、気候変動などのトピックから、地球中心主義と呼ばれるようなビジネス創発の起点が台頭してきている側面もあります。 実際に、東証一部上場企業の多くが、中期経営計画などに、SDGsを中心とした社会課題起点のビジネス創発を謳っています。 そのあたりの事例はこちらも参考にしてみてください。 ・SDGs Insight

記事の続きは…

www.socialimpactact.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む

最新記事

すべて表示

【第六話】社会的インパクト測定における主要な考慮事項

企業の社会的責任や、企業のサステナビリティーへの対応が、消費者からもサプライヤーからも求められる時代となってきました。 そうした中で、いかに社会的なインパクトを測定したり可視化していくべきか。 また、事業開発の一つの軸としても、経済的な価値と同様に、社会的価値を据える時代になってきています。 連載が続いています、社会的価値測定の第六弾です。 第5話までの内容を見ていない方は、是非、そちらもチェ

メルマガ登録はこちら