検索
  • Social Impact Act

環境デューデリジェンスの重要性は増してくるのか?もしくは多きな"のれん"となるのか?

昨今、企業価値の算定の文脈で、情報開示プレミアムや、ESGプレミアムという話を聞く機会が増えてきました。 これは、機関投資家を中心に、環境情報などの情報開示にプレミアムを上乗せする動向などが影響しています。 そうした情報開示だけでなく、昨今のコロナウイルスや環境問題などの、ESG領域への強靭性をいかに企業価値の算定に盛り込むか?というのはホットなテーマです。


別途、SIAの運営会社でもある、KI Strategyでは、企業のビジネスデューデリジェンスの支援は実施してきましたが、今後は、ESGに関連する領域における、広くビジネスデューデリジェンス、狭義の環境デューデリジェンスの支援も強化していく方針です。 環境デューデリジェンスは、まさに公害や環境領域のビジネスを展開している企業については、かねてより実施されてきましたが、その概念や社会からのニーズはより広範になってきています。


そういう意味で、中期経営計画と同様に、ビジネスデューデリジェンスの領域における、補足的な立ち位置ではありますが、そうしたトピックにも注力していく方針です。 具体的には、ビジネス構造・業績構造分析における、ESG評価を実施していくイメージです。


プライベートファンドやコンサルティングファームについては、ビジネスデューデリジェンスはもちろんですが、環境デューデリジェンスなどを検討されている方は、お気軽にご連絡貰えれば幸いです。初期フェーズにおいては、共同でフレームワーク等の策定なども大歓迎です。

メルマガ登録はこちら