検索
  • Social Impact Act

EcoVadisによるサプライチェーンに対し持続可能性評価サービス

最終更新: 6日前

2020年年初において、CVCキャピタル・パートナーズが、グローバルの様々なサプライチェーンに対し持続可能性評価サービスを提供する「EcoVadis」に約2億ドル(220億円)の出資を行うという報道がありました。 参考:「CVCグロース・パートナーズ、EcoVadisに約2億ドルを出資、持続可能性評価サービスの世界的な採用拡大へ」 EcoVadisは、フランスに本社を構える、グローバルなサプライチェーンの環境的また社会的パフォーマンスの評価・向上のためSaaSソリューションを提供している会社です。 日系企業でも導入している担当者の方もいるかとは思いますが、サプライチェーン評価の一つの参考として紹介します。

記事の続きは…

www.socialimpactact.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む

最新記事

すべて表示

【第六話】社会的インパクト測定における主要な考慮事項

企業の社会的責任や、企業のサステナビリティーへの対応が、消費者からもサプライヤーからも求められる時代となってきました。 そうした中で、いかに社会的なインパクトを測定したり可視化していくべきか。 また、事業開発の一つの軸としても、経済的な価値と同様に、社会的価値を据える時代になってきています。 連載が続いています、社会的価値測定の第六弾です。 第5話までの内容を見ていない方は、是非、そちらもチェ

メルマガ登録はこちら