検索
  • Social Impact Act

世界最大の機関投資家:GPIFがESG投資について解説会を開催


年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)とESG投資

2017年4月19日に「GRIスタンダード翻訳お披露目シンポジウム2017~サステナビリティと情報開示の可能性とその先へ~」が開催されました。

SIAでは、ESG投資やインパクト投資については、今までもいくどとなく紹介してきました。

ESG投資やインパクト投資の文脈において、世界最大の機関投資家である年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)の動向が注目される一方で、公の場でGPIFがESG投資の考え方などを説明することは非常に稀で、今回のシンポジウムも300人満員の状況となっていました。


まず、GPIFの基礎知識として、GPIF自身は「株式の売買および議決権行使は行わない」ということです。

これは、金融を専門としている人の中では広く知られていることですが、一般的にはあまり知られていない点かと思います。

GPIFの資金の株式売買等は、運用受託機関が実施しています。

そして、GPIFは運用受託機関を評価を行なっており、それらに基づいて、資金配分を決定しています。

(GPIFがESG投資に参画という報道の際に、GPIFが自身でESG関連銘柄の買い付けを行うというような一部誤解があったように見受けられましたが、買い付けは運用受託機関が実施しているということです。ただし、GPIFが最終的な運用受託機関の資金配分を決定する際にESGの観点を取り込んでいる為、間接的には、ESG関連の銘柄に、GPIFの意思とマネーが流れるというのは事実です)

国連責任投資原則(PRI)とESG投資

また、GPIFの運用受託機関の評価項目には国連責任投資原則(PRI)への著名の有無などもあります。

国連責任投資原則(PRI)

原則1:投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます

原則2:活動的な株式所有者になり、株式の所有方針と株式の所有習慣にESG問題を組み入れます

原則3:投資対象の主体に対してESGの課題についいて適切な開示を求めます

など

GPIFとしては「世界のESGの流量を日本に持ってき、日本をSDGs(持続可能な開発目標)大国にすることを全力で推進する」という話で締めくくられました。

ESG・SDGsマネーを企業が取り込むために

・GPIFとしては、運用受託機関のアセットマネージャーには、少なくとも、投資に際して、企業の統合レポート(名称は様々)は見るように伝えており、企業としては、SDGs(持続可能な開発目標)やESGの観点から適切なディスクロージャーが中長期的には求められるようになります。

(特に欧米系列の投資機関は性悪説に立つ場合が多く、公開されていない場合は、取り組みを行なっていないか、隠したい事実があると解釈されるのが一般的とされます)

・また、企業として、そうした観点が資金提供者側から見られていない場合や、報告書について、どんな項目を重視しているのかなどに対しても、資金提供者側から、明確な回答がない場合などは、GPIFに報告してもらいたいということです。

(これは外部からの第三者評価の一つの観点となるためとのこと)

・企業として、短期的な利益だけではなく、中長期的な成長やリスクマネジメントのために、いかに経営方針にSDGsや持続可能性の観点を組み入れるか、また、資金提供者側においても、レベルの向上が求められると話されていました。

(日本におけるESG関連の投資機関は、当事者が意識しているかは別として、「なんちゃってESG投資」というケースもあると、GPIFは認識しているとのこと)

今回は、ESG投資や責任投資などの文脈で登場する、GPIFについて紹介しました。引き続き、関連トピックについて紹介していきます。

#ESG #SDGs #インパクト投資 #ソーシャルインパクト投資 #GPIF #レポート

メルマガ登録はこちら