検索
  • Social Impact Act

中小企業・自治体連携によるSDGsの可能性について関東経済産業局でシンポジウムが開催されます

最終更新: 2019年7月3日


関東経済産業局〜SDGsシンポジウム〜

平成30年2月15日(木曜日)13:00~16:00に関東経済産業局にて、「中小企業・自治体連携によるSDGsの可能性」が開催されます。

ご関心をお持ちの方は、参加を検討してみてはいかがでしょうか?

国連では、国際社会が2030年までに持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を掲げ、環境、エネルギー、健康・福祉、教育など幅広い社会的なニーズに取り組むことが必要とされています。我が国においても、地域が抱える社会課題は多種多様であり、持続可能なまちづくりを実現していくため、ステークホルダーが連携し社会課題解決に向けた取組を推進することが重要です。

 関東経済産業局では、2017年6月に公表した「関東経済産業局の戦略プログラム2017」に基づき、SDGs達成を通じた地域中小企業等の競争力強化を目的として、中小企業や自治体等が連携して取り組む社会課題解決に向けた取組を推進しています。

本分野の取組を加速化させていくため、SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上に向けた取組の可能性や中小企業・自治体等による先進事例を発信するシンポジウムを開催します。

http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seichou/20180215sdgs_simp.html より引用

「未来を変える買い物」〜OPEN 2030PROJECT〜

もう一つ、SDGsの話題について。

OPEN 2030PROJECTとは、2030年に向けた持続可能な開発目標(SDGs)をソーシャルイノベーションを起こす最大の機会として捉え直し、企業・行政・アカデミア・市民セクターなど多くのセクターが関わり具体的なアクションを作り出すプロジェクトのことです。

OPEN 2030PROJECTでは、「未来を変える」「買い物のワクワク」を、というコンセプトに基づき、「未来を変える買い物」という動画を公開されています。

興味をお持ちの方は覗いてみてはいかがでしょうか?



引き続き、SDGsの話題についても紹介していきます。

#SDGs #中小企業 #CSV #CSR #ソーシャルインパクト

メルマガ登録はこちら