検索
  • Social Impact Act

開発領域で活躍する米学者がノーベル経済学賞を受賞、RCTの普及と課題

最終更新: 8月5日

スウェーデン王立科学アカデミーは10月14日、今年のノーベル経済学賞をマサチューセッツ工科大学(MIT)のエステル・デュフロ教授とアビジット・バナジー教授、ハーバード大学のマイケル・クレマー教授に授与すると発表しました。 ソーシャルインパクトや、途上国の開発領域では、既に慣れしんだ、 ランダム化比較試験(RCT) での実績が評価されたものです。 具体的には、「就学率向上に向けた低コストの施策(寄生虫駆除剤)」「学習支援において重点すべきターゲットの明確化」「低コストの就学率向上に向けた施策(親との情報共有)」などの成果を科学的評価に基づいて実施しています。 RCTについて知りたいという方は、下記の記事なども参考にしてみてください。 ・社会的インパクトの企業における価値の測定について SDGsやCSRを推進する上で注意点としての「擬似相関」について ソーシャルインパクトにおける”擬相関”と”因果関係”シンプソンパラドックスとは? RCTの画期的な点は、今まで、善意や感情で行われがちだった、開発支援の領域において、科学的な手法で評価するということです。 もちろん、課題がないわけではなく、そうした論点は下記などにも整理しています。 ・社会的インパクト測定におけるBefore AfterとWith Without、RCTと産業連関表について RCTは、もともと優れた手法ですが、ノーベル賞を受賞したことでの”箔”もつき、開発支援領域において、よりスタンダードな手法となっていく可能性が高いかもしれません。 今後の展開としては、いかに低コストで、RCTを実現できるか? そうした知見も多く蓄積されてきましたが、より汎用的なツールが求められているかもしれません。 RCT自体は、開発支援だけでなく、ビジネスにおいても適応可能な手法です。 エンゲージメント調査、インパクト評価、ブランドブランド施策調査、A/Bテストなども近しい考え方です。 そうした、プロジェクトの設計などが必要な方も、お気軽にお問合せもらえればと思います。

記事の続きは…

www.socialimpactact.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

ESG格付けやランキングを投資家が気にしているかについて

クライアントの中に、数多あるESG格付けやランキングなどを投資家が気にしているのか?という質問を受けることがあります。 まず、ESG投資などに積極的な機関投資家は事業会社の方とのコミュニケーションを基本断りませんし、質問すれば回答をしっかりもらえます。

メルマガ登録はこちら