検索
  • Social Impact Act

気候変動領域で各専門家の知見を活用する方法

今回のテーマは特に気候変動領域の話題についてです。 以前よりご紹介させてもらっているSaslaは、サステナビリティ領域の専門家プラットフォームとなります。 気候変動はサステナビリティ領域の一テーマではありますが、気候変動を例にとって、どのような活用事例があるのか紹介します。 例えば、 ・CCUS領域の動向をヒアリングしたい ・スコープ1~3の測定方法について質問したい ・TCFD対応について具体的なステップを把握したい ・太陽光など再エネ投資を検討したい ・風力発電などの運用最適化をはかりたい ・新規にサステナビリティー部門の立上げを行っている ・CSRサイトの新設を検討している などなど 気候変動に纏わる、全般的な経営戦略から、個別具体的なテーマなどで知見を持たれている方などもSaslaでは、拡大していっています。 簡易なものでは、アンケートベースから、がっつり業務委託まで、支援の方法は多岐にわたることになります。 企業の方が抱える課題感としては ・サステナビリティ領域の活動を進めていきたいが社内に知見がない ・気候変動などのミッションの部署で対応をすすめようにもリソースがない ・新規事業開発をすすめるためにも、土地勘がない ・また、社内的にプライオリティーを上げていくための、説得材料やロジックを整理したい などなど

昨今、気候変動周りの対策への高まりがある一方で、その変革や検討などで課題を抱えている企業が多いのではないでしょうか? もしも、関連トピックなどで課題を抱えている企業などありましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

メルマガ登録はこちら

送信ありがとうございました