検索
  • Social Impact Act

「自粛」か「経済」かではなく、「自粛」も「経済」もか

SIAの今井です。 ソーシャルインパクトなどの領域で活動をしていると、よく出くわすのがトレードオフ。 昨今では、コロナにおいても、いつ緊急事態宣言を解除すべきか? などの文脈で、「自粛」か「経済」かというような意見の対立をよく目にします。 社会課題などにおいても、このトレードオフの問題によく出くわします。 例えば、ゴミプラスチック問題。 これ自体は確かに問題でしょう、私たちが口を通す魚介類の多くが生活する海。 別段、口にしなくても、海が汚い方がいいという人はほぼ皆無でしょう。 →そこで、スーパーなどで、プラスチック容器がなくなったり、有料(数円)になったりしているところもあります

その一方で、例えば、シングルマザーの貧困問題に光を当てたらどうでしょう? →子育てが忙しい時にスーパーに立ち寄った。安価に製造できるプラスチック容器や、 持ち運びできるプラスチックバックを手にとったら、〇〇円ですと請求される。。。 →人によっては、ゴミプラスチックよりも、彼女らに、1円でも貯金して欲しいと思う人がいるかもしれません これは、どちらが正しいということではないでしょう。


むしろ、ゴミプラスチック問題が世間に知れ渡ると、他の社会課題とは関係せず、いきなりゼロだと、言い出すのであれば、それはそれで、思うところはありますが (例でゴミプラ問題ですが、他のほとんどの社会課題は同様の性質があり、もちろん認識した上で、社会課題の優先順位は各々の価値判断だとは思いますが。 ちなみに、私個人の認識では、ほとんどの社会課題や経済は、密接に絡まりあっていて、その影響を全て勘案することほぼ不可能で、本来的に、「社会的にいい」ということは、その人の価値基準に過ぎないというのが基本認識ではあります。であっても、ソーシャルインパクトを追求すべきだと。) 話が若干それましたが、そこで、模索すべきなのが、ゴミプラスチック問題か、貧困問題かという対立構造にしないことのように思います。 複数のトレードオフを同時に解決する手段やソリューションは考えられないかと? これは、別にイノベーションという必要はないですし、結果、後から見たら、イノベーティブな要素があったでいいのですが、こうした、トレードオフの解決を見出すビジネスを生み出す企業や団体を引き続き、応援していければと考えています。 ソーシャルビジネスなどを企画されている人は、是非、ご一緒できればと考えています。 お気軽にご連絡ください。

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

ESG格付けやランキングを投資家が気にしているかについて

クライアントの中に、数多あるESG格付けやランキングなどを投資家が気にしているのか?という質問を受けることがあります。 まず、ESG投資などに積極的な機関投資家は事業会社の方とのコミュニケーションを基本断りませんし、質問すれば回答をしっかりもらえます。

メルマガ登録はこちら