検索
  • Social Impact Act

「SDGsが拓くイノベーション ー事業開発における活用方法とはー」に登壇します

SIAの今井です。 ビザスクさんより、『SDGsが拓くイノベーション ー事業開発における活用方法とはー』が開催され、講師を担当します。


■お申込みは下記より

https://visasq.co.jp/seminar/sdgs0910/ https://visasq.co.jp/seminar


2030年にどのような世界を実現したいかを纏め、国際社会の目標として採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。採択されてから5年。その活用は上辺のものから、本質的な活動へと深化が求められています。


SDGsは単に社会課題の羅列としてではなく、ビジネス機会の宝庫としても捉えることが可能で、先の読めないVUCAの時代において、バックキャスティングの思考法での事業アイデアの創出が注目されています。


今回はサステナビリティーとイノベーションを専門としたブティックファームを経営されている今井健太郎氏をお迎えし、どのような形でSDGsやサステナビリティーを、新規事業や事業開発に取り入れることができるのかをご案内します。


新規事業創出におけるテーマ選定や事業推進に関して課題をお持ちの方や、SDGsは知っているが具体的な活用方法を模索している方に是非参加していただきたい内容となっております。 無料ですので、ソーシャルインパクトアクトの読者もタイミング合いましたら、ご参加検討ください。※facebook 広告などでの告知は主催者によるものですので、何卒、ご了承くださいませ。 別件ですが、セミナーでは、雷鳥社さんより、出版される新作の『クリエイティブ・イノベーションの道具箱』の紹介もさせて頂きます。よろしくお願いいたします。 https://amzn.to/3hgJRTq (Amazonご予約ページ)

今井健太郎  

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

ESG格付けやランキングを投資家が気にしているかについて

クライアントの中に、数多あるESG格付けやランキングなどを投資家が気にしているのか?という質問を受けることがあります。 まず、ESG投資などに積極的な機関投資家は事業会社の方とのコミュニケーションを基本断りませんし、質問すれば回答をしっかりもらえます。

メルマガ登録はこちら