検索
  • Social Impact Act

途上国で活躍する「世界を変えるスタートアップ」〜BitPesa、CarePay、EVRYTHNG〜


今回は、途上国や社会課題などにフォーカスをあてるなど、興味深いスタートアップをいくつか紹介します。

前回の内容はこちらを参照ください。

BitPesa

BitPesaは、ケニアのオンライン決済プラットフォームを提供するスタートアップ企業です。

途上国の多くで、銀行口座は持たないが、携帯電話は持っている層や、海外送金の高さなどから、主にサハラ以南のアフリカで、ブロックチェーンを活用し、ビットコインによる決済サービスを展開しています。

ケニアでは、既に、M-PESA(エムペサ)と呼ばれるモバイルマネーが広く流通しており、また先進国のように政府紙幣への信頼が高くないことも、仮想通貨の活用を促進ドライバーとなっていると考えられます。

出稼ぎ層が、母国への送金は、BitPesaを活用して、ビットコインで!というのが当たり前の世の中が来るかもしれません。


CarePay

CarePayは、またしてもケニアのフィンテック系のスタートアップ企業です。

マイクロ保険(マイクロインシュアランス)の一種とも捉えることができますが、CarePayは独自のモバイルウォレット「mHealth Wallet」を開発し、ユーザーが少額のヘルスケアサービス向けの貯金し、病気などになった際に、保険がおりる仕組みになっています。

社会保障が充実していない国において、病気・怪我などが、そのまま貧困層へ転落への足がかりとなる際もあり、社会的インパクトへの波及も注目されています。

また、ヘルスケアプロバイダーとの関係を構築しているところも、CarePayの強みの一つとなっています。

EVRYTHNG

EVRYTHNGは、イギリスのサプライチェーン管理ソリューションを提供するスタートアップ企業です。

サステナビリティーの領域でよく議論になるのが、サプライチェーン管理ですが、その中でも秀逸なソリューションを提供しています。

物理的な物をデジタルで簡単に管理・追跡できるプラットフォームをEVRYTHNGは目指しています。

サステナビリティーに限らず、ビジネスとしても非常に注目に値するスタートアップです。


今回は、テクノロジーや新しいアイディアを用いて、社会の課題に挑戦するスタートアップ企業を紹介しました。

引き続き、関連トピックについても紹介していきます。

#BOPビジネス #アフリカ #ソーシャルインパクト #トレーサビリティ #ケニア #サプライチェーン #ブロックチェーン

最新記事

すべて表示

SDGsやサステナビリティーに挑戦するベンチャー企業

国連サミットで採択された、17の持続可能な開発目標(SDGs)と連携し、地球と人類とが直面している最大の課題をテクノロジーで解決するスタートアップを発掘し、支援することを目的に、Extreme Tech Challenge(XTC)が開催されています。 今回は、そちらにも挑戦している、日本のスタートアップ企業を抜粋して紹介します。

メルマガ登録はこちら