検索
  • Social Impact Act

ロックフェラー財団、SDGsの達成に向けた資金ギャップを埋める為に、”Zero Gap”を企画

最終更新: 10月16日


SDGsの資金ギャップとロックフェラー財団

SDGsの達成の為に、今後15年間で年間2.5兆米ドルの資金調達ギャップに直面していると見積もられています。(ちょうど金融資本市場全体の1%程度)

そのギャップを埋める為に、既存ガリバー金融機関がSDGsに対して、資金提供を続々と表明しています。

プライベートバンク最大手のUBSが5年で50億米ドル、世銀が2億ドルの債権(15年、20年債)、PGGMなどの年金機構が約600億ドルの目標表明など、ESG投資からSDGs投資が”トレンド”となりつつあります。

そんな中、2017年6月22日にロックフェラー財団が「Zero Gap Portfolio Overview」を発表しました。

持続可能な開発目標(SDGs)に資する、初期研究や、R&Dなどに対して、資金提供を企画しています。

マイクロファイナンスやインパクト投資など、金融のトレンド自体に少なからず影響を及ぼしてきたロックフェラー財団のSDGsに対する取り組みが注目されています。


#SDGs #ESG #インパクト投資 #発展途上国 #社会的インパクト投資

最新記事

すべて表示

インパクト投資とは何か?投資手法の歴史とESG投資との対比で

SIAの今井です。 本日は、インパクト投資の入門として、動画コンテンツを作成しました。 ソーシャルインパクトアクトでも、インパクト投資というキーワードが登場することがありますが、あまりメジャーなものではないと思うので、そちらの解説動画となります。 ・そもそもの金融、資本市場について ・投資手法の変遷 ・インパクト投資とは? ・ESG投資とは? という文脈で解説しています。

メルマガ登録はこちら