検索
  • Social Impact Act

世銀(IBRD)がSDGs達成連動型債券の発行


SDGs(持続可能な開発目標)の達成連動型債券

世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)が、SDGs(持続可能な開発目標)の達成度合いに連動する債券の発行を発表しました。

2017年現在、SDGsの達成度に間接的に影響するインデックスは数多くありますが、今回のものは世界銀行グループが発行者のものとなります。

債券の種類は15年債と20年債の二種類で、総額は約200億円にのぼります。

信用格付けは、二種類とも、Moody's と S&P共にトリプルA(Aaa /AAA)で、フランスとイタリアの機関投資家が購入しました。

厳密な意味での、「SDGsの達成度」連動型債券の利率の算定は不可能です。

Solactive社が提供する、「Solactive Sustainable Development Goals World Index」の構成銘柄の株式パフォーマンスに連動するように設計されています。

Solactive社は「Solactive Green Bond Index」などESG関連のインデックスを数多く企画・開発していることで有名です。

「Solactive Sustainable Development Goals World Index」自体は2015年にSDGsが採択されて以降で見ても堅調な推移を見せています。(投資の判断は自己責任です)

なお「Solactive Sustainable Development Goals World Index」の構成銘柄は、営業活動の20%以上がSDGsに貢献する製品・サービスである企業など50社で構成されています。

SDGsの達成に向けて金融面でも動きが出てきました。折を見て紹介していきます。

参考URL

http://treasury.worldbank.org/cmd/htm/World-Bank-Launches-Financial-Instrument-to-Expand-Funding-for-Sustainable-Development.html


SDGS 債券

#SDGs #アメリカ #ビジネス #社会的企業

最新記事

すべて表示

TCFDを推進するためにあるよくある問いとは?

最近様々な企業がTCFDへの対応を検討しています。 TCFDの対応については、リスクマネジメントや、シナリオプランニングなどを実施していく必要性から、単にサステナビリティー部門やCSR部門だけではなく、経営企画や事業部の巻き込みも必須となります。 その上で、よくあるなという問いがあるので、そちらに対する参考を提供できればと思います。

因果関係の罠と社会課題やサステナビリティーの関係性

今回は因果関係やロジックと、サステナビリティーの関係性についてです。 社会人になりたての際に、よくロジック研修とか受けたりしますよね。 ビジネスをやっていく上でも、また上司やステークフォルダーに何か説明するためにも、ロジックは非常に重要です。 建設的なコミュニケーションや、判断をしていく際にも、因果関係に基づく、ロジカルなコミュニケーションが求められます。 なので、ロジカルや因果関係が全く必

メルマガ登録はこちら

送信ありがとうございました