検索
  • Social Impact Act

社会的インパクト投資とESG投資~セクター別の拡大方針~


SIAの今井です。

今回は、久しぶりにインパクト投資の話題についてです。

インパクト投資の定義は様々ですが、一般的に「経済的リターンだけでなく、社会的インパクトを創出することを意図した投資」のことです。

似たような言葉でESG投資もあります。

こちらも、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資です。


ESG投資にしても、インパクト投資にしても、二つの観点があるということです。

・「経済的な観点」

・「社会的な観点」

では、二つの観点でマトリクスを整理した際に、社会的インパクト投資は、どこにプロットされるのでしょうか?

定義上、経済的なリターンだけでなく、社会的リターンを目指すので、上段にいることは確かそうですが、AかBにいるかは、機関によってもニュアンスが変わっているように思われます。

A:インパクト投資は、社会的リターンも訴求するため、経済的リターンは通常の金融商品より下回ることを許容

B:インパクト投資は、社会的リターンも訴求するビジネスを選別して投資しているため、少なくとも中長期的には、通常の金融商品と少なくとも同等か、それ以上の経済的リターンを追求

インパクト投資の訴求の観点

実は国内外で、インパクト投資という名前を用いた金融商品は割と多く出回っています。

インパクト投資をうたう商品に投資を行う際は、少なくともAを意図したものか、Bを意図したものかは、確認した方がいいかもしれません。

金融機関としても、自身が提供する商品が、どちらに該当するかによって、重視すべき訴求の観点が変わってきます

A:経済的リターンが通常の商品より下回ることを許容する選好を持った、投資家から資金を集める以上、その投資がどう社会にインパクトを生み出したかなどの、インパクトストーリーや、インパクト評価なども必要に応じて求められることになります

B:ある意味、経済的リターンも社会的リターンも通常商品の同等以上に追求できる商品であれば、素晴らしいことです。社会的リターンも訴求するビジネスを選別して投資することで、経済的リターンも望めることのエビデンスや実績、その選別能力の有無を明示することが求められます

いずれにしても、ソーシャルインパクトを意図した行動は重要ですが、そうした活動を後押しする金融の流れも大きな意味を持ちます。

引き続き、関連トピックについても紹介していきます。

#ESG #インパクト投資 #インパクト評価 #社会的インパクト投資 #社会的インパクト測定 #社会的インパクト評価 #社会的インパクトマネジメント

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

ESG格付けやランキングを投資家が気にしているかについて

クライアントの中に、数多あるESG格付けやランキングなどを投資家が気にしているのか?という質問を受けることがあります。 まず、ESG投資などに積極的な機関投資家は事業会社の方とのコミュニケーションを基本断りませんし、質問すれば回答をしっかりもらえます。

メルマガ登録はこちら