検索
  • Social Impact Act

【番外編】非営利団体向けフィンテック、オンライン決算手段の一覧

最終更新: 2019年7月3日


フィンテック領域の中に、「決算」領域の分野があります。

今回は、非営利団体向けオンライン決算手段について紹介します。

CANPAN決済サービス

CANPAN決済サービスは、全国各地、様々な分野の100以上の公益活動団体が利用しているインターネットで寄付・会費集めができるオンライン・サービスです。このサービスを利用することで、団体のWebサイトからクレジットカード決済やコンビニ決済で寄付や会費集めを行うことができます。また単発の寄付・会費を徴収するための都度寄付と、毎月・毎年決まった金額を寄付・会費として徴収するための継続寄付を選択可能となっています。

シン・ファンドレイジング ペイメント

非営利団体様を対象に、インターネットでのクレジット決済サービスにかかる「初期導入費用」と「月額基本料金」を一律無料とし、ランニングコストがかからないクレジット決済サービスとなっています。

キフカラ(KIFUKARA)

NPOを対象に、クレジットカード決済を設置する上で障害となる作業を完全サポートし、セキュリティも考慮した、寄付に最適化されたフォームを低価格で提供することで、クレジットカード決済システムの導入を促進するものになっています。 また、Webサイトで寄付や会費を集めるためのナレッジを共有化していくことにより、Webサイト運営の人的リソースや資金の確保がなかなか難しい団体にとってもうれしいサービスとなっています。

Bokinchan

Bokinchanは非営利組織の募金に特化した オリジナル開発のオンライン募金システムとなっています。

キフフォーム

全国500以上の事業者様が利用しているインターネット寄付金決済サービスとなっています。

Social Changer

オンライン決済と自動連携、メールの一斉配信とトラッキング、報告書フォーマットの標準装備、自由カスタマイズ機能などを有したサービスとなっています。

紹介されたツールは、2017年5月11日に出版記念セミナーを開催された「非営利団体の資金調達ハンドブック」に詳しく紹介されています。

その他、ファンドレイジングの基礎的情報やノウハウなどがまとめられています。

ご関心をお持ちの方は是非、手にとってみてはいかがでしょうか?


#NPO #フィンテック #ファイナンシャルインクルージョン

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

メルマガ登録はこちら