検索
  • Social Impact Act

ティール型組織からみる組織最適化への考察〜新しい時代における組織のあり方とは〜

最終更新: 2019年7月3日


最適な組織のあり方とは?

企業の支援を実施して行く中で、また、従業員という立場であっても、最適な組織のあり方とは何か?という問いはとても重要なものです。

最適な組織のあり方とは、ティール流にいうと、その組織の「存在目的」次第となるという事かもしれません。

昨今、新人が定着しない、優秀な人材が採用できない、社員のモチベーションが低いなど、従業員の課題の一つに、組織のあり方が影響している可能性があります。

そうした課題が、ティール化する事で、全て解決されるとはとても思えませんが、一つの参考として、今回はティール型組織をテーマにした、勉強会資料を連携します。

興味をお持ちの方は、参照してみてください。


また、ティール型組織についていうと、「0」「1」の世界ではないという事は、認識すべきかと思います、既に民間企業においても、一部領域はティール化していると感じるところもあると感じるかもしれません。

いずれにしても、組織の目的や目標が、従業員や社員の目標と、ベクトルがあっているのか?あっていないなら何故か?という事だけでも自戒してみる事は重要だと思われます。

一生のうちに、仕事に費やす時間はとても長く、その仕事において、自分が大切に思う事、意義や目的、目標と違った方向性に、人生を費やしてしまう事は、企業や団体にとっても、また従業員にとっても悲しい事です。

そうした現状を、ティール型組織が処方箋になるかは、議論があるところかと思料されますが、組織のあり方を模索されている方などは、是非、原文にもあたってみてください。

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現


#ティール型組織 #経営戦略 #SDGs #アウトサイドイン #インサイドアウト

メルマガ登録はこちら