検索
  • Social Impact Act

ANA SOCIAL GOODS〜社会的課題の解決に寄与するCSVマーケティング〜


CSV マーケティングとは

SIAの今井です。

昨今、CSVやSDGs、ESGなどのキーワードをよく目にするようになりました。

社会課題の解決に、CSRとしてではなく、本業を通じていかに貢献すべきか?それがどう企業価値の向上や、持続可能な企業の成長というプラスのループを創造することができるか?これは一つの経営戦略の腕の見せ所でもあります。

ただ、CSVなどの概念を知ることよりも、企業活動やガバナンスにどう落とし込むか、それが出来て初めて意味があるという分野でもあります。例えば、CSVなど単語を知らなくても、自然とそうした取り組みを行なっている企業は沢山あります。

また、CSVなどの実践において、単独の企業の取り組みで行う必要もありません、エコシステムやクラスター(企業群)で実施するなど様々な取り組みが構想可能な領域でもあります。

今回は事例紹介として、「ANA SOCIAL GOODS」の企画を紹介します。

CSV マーケティングとは

ANA SOCIAL GOODS」は、ANAマイレージクラブ会員向けECサイト「ANA STORE」内で、社会的価値が高い商品やサービスを紹介、販売する企画です。


投資など金融の領域でもそうなのですが、どういう銘柄を選ぶのか?また、商品の選択においても色々な選び方があり、その一つに、社会的課題への訴求度を確認する層もいます。

究極的にはコストパフォーマンスで商品を選択しているとしても、そのパフォーマンスをどこまでの範囲や時間軸を想定するかが人によって違うという見方も出来ます。

ANA SOCIAL GOODSでは、例えば、サラヤさんの石鹸や、阿部牧場のASO MILK飲むヨーグルトなどが販売されています。ご関心をお持ちの方は是非。


なお、こちらの企画は、エンゲージメントファーストさんがANAとコラボした企画で、先日会社を伺った際にも紹介して貰いました。

CSVマーケティングなどを検討されている方もお気軽にお問い合わせください。

引き続き、社会課題の解決を意図した取り組みについて紹介していきます。

#CSV #CSR #社会的企業 #評価認証 #中小企業

最新記事

すべて表示

【第七話】インパクト評価に登場するRCTの意義と注意点

連載につぐ連載を重ねているインパクト評価についてです。 インパクト評価という表現を使っていますが、実際は、CSRやサステナビリティーの成果をいかに測定したり、どのように改善していくのか?という広いテーマにおいても、その前提となる情報です! サステナビリティーなどに配属された人も、必ずしもその分野の専門家とは限りません。 また、事業会社においては、そもそもそうしたナレッジや情報などがなかったり、

メルマガ登録はこちら