検索
  • Social Impact Act

ナイジェリアの小規模農家と投資家をマッチングさせるオンラインプラットフォームFarmcrowdy


アフリカ途上国農村金融

途上国において、農業が主要な産業となっている国は多く、その一方で、効率的な経営のためには、一定の規模を拡大することも重要となります。

そうした際に必要となるのが、リスクマネーで、マイクロファイナンスなども、その機能の一部をになってきたと言えます。

昨今では、途上国においても、携帯電話やインターネットサービスの普及はめざましく、ナイジェリアのスタートアップ「Farmcrowdy」は、事業を拡大したい農家が、アプリ上で出資を募って投資家からの投資を受けることができる、フィンテックサービスを展開しています。


Farmcrowdyのビジネスモデル

Farmcrowdyは、設立まもないスタートアップ企業ですが、エンジェル投資家などから100万ドルの投資を集め注目を集めています。

ビジネスモデルとしては、農家が必要な資金を、Farmcrowdy経由で投資家から募り、結果生み出された利益を、投資家に40%、生産者に40%、そしてFarmcrowdyに20%が分配される仕組みになっているようです。

Farmcrowdyはお金をマッチングするだけでなく、資材やノウハウの提供も行っており、規模が拡大するとより、ノウハウなども溜まってくると想定されています。


ナイジェリアで成功しているモデルですが、他の途上国においても、適応可能なビジネスかと思われます。

実際には、国によって、日本で言うところの金商法などの規制などもあり、そうしたハードルはあるかと思われますが、資金を募って、規模を拡大したい農家と、応援したい投資家をつなぐというビジネスを展開しているFarmcrowdyの動向は今後も注目です。

ご関心をお持ちの方は、HPなどのぞいてみてはいかがでしょうか?

引き続き、途上国ビジネスを展開するスタートアップの事例なども紹介していきます。

#BOPビジネス #CSV #アフリカ #ナイジェリア #フィンテック

最新記事

すべて表示

SDGsやサステナビリティーに挑戦するベンチャー企業

国連サミットで採択された、17の持続可能な開発目標(SDGs)と連携し、地球と人類とが直面している最大の課題をテクノロジーで解決するスタートアップを発掘し、支援することを目的に、Extreme Tech Challenge(XTC)が開催されています。 今回は、そちらにも挑戦している、日本のスタートアップ企業を抜粋して紹介します。

メルマガ登録はこちら